【別名】 
高良姜(コウリョウキョウ)、(学名:Rhizoma Alpiniae Officinarum) 


【概要】 
 ショウガ科のコウリョウキョウ属の多年生草本植物で、草丈は0.8-1.0m。根茎は紫紅色をしています。長さ20〜30cm、幅1.5〜2cmと細長く、先端が尖った葉をもち、4〜10月には、白地に赤紫色の脈がある小花が咲きます。果実は約1cmほどで、熟すと朱色になる。夏末秋初に栽培後4-6年のものを掘り出して収穫する。良姜の根茎を乾燥したものを漢方生薬、または香辛料として使用される。中華香辛料「五香粉」の原材料の一つである。 
 中国の広東、広西、雲南、海南島などに主産する。 


【薬性】 
熱 
※「薬性」の説明 


【薬味】 
甘 
※「薬味」の説明 


【帰経】 
脾・胃 
※「帰経」の説明 


【薬効】 
散寒止痛、循環促進・健胃・鎮痛作用。 
※「薬効」の説明 


【薬膳としての働き】 
1.温中散寒(おんちゅうさんかん):胃脾胃を温め、寒邪を取り除き、腹の冷え、嘔吐、水様便などを改善する。 
2.行気止痛(こうきしつう):気の巡りを良くし、消化を促進し吐き気、嘔吐、げっぷ、胃腹疼痛、腹脹などを改善する。 
※「薬膳としての働き」の説明